TOP

就職活動を支援する情報を更新します。

業界研究は最初が肝心

就活成功の鍵は、業界研究にあります。好きな業界に関する情報を研究することで、より正確な業界動向と試験対策を行います。相手をよく知ることで、ご自身の弱点を発見し、克服することに繋がります。ご自身の自己表現能力に磨きをかけて、しっかりと表現しましょう。そうすれば、良い結果も得られるでしょう。業界研究の成果は、面接で明らかになります。その業界でどうしても働きたいという方を選ぶのが面接ですので、無礼があってはいけません。強い思いを持って面接を受け、ご自身の思いを伝えましょう。それが、良い評価に繋がる鍵です。口調やイントネーションなど、研究すべきことはたくさんあります。常に自己研鑚を積みましょう。企業研究は多くの方が実践されていますが、闇雲に行ってはいけません。どの業界においても、順位があり、序列もあります。大企業だから良いと考えず、あまり知られていない業界や企業も研究しましょう。将来を決めるのはご自身の行動力です。よくお考えください。

面接を合格するには、面接官を口説き落とせばいい

IT業界は20年ほど前から人気職であり、需要がある業界として知られていますが、その中でもWeb業界は最近特に需要がある業界として注目されています。最近ではスマートフォンやタブレットを持っている方が本当に増えてきました。LINEやメール、ツイッターやフェイスブックなどのコミュニケーションツールが流行っていることと、オンラインゲームもとても人気を博しているからだと思います。これらのアプリを開発しているのがWeb業界です。需要があるということは仕事がたくさんあるということですので、人手不足であることを証明しています。ただ、ずっと求人募集をしていると、いつかは求人応募は終わりますよね。それでもずっと求人募集しているということはどういうことでしょうか。それは、新入社員や転職で入ってきた人がいる代わりに退職していく人もいるということです。退職理由は人それぞれですが、企業からすると会社の方向性と考えが合う従業員と一緒に働いていきたいという強い思いがあります。ですので、Web業界に就職・転職したいと考えている方は、面接やエントリーシートに対して自分の気持ちや思い・技術・経験をしっかりとアピールする必要があります。まず、Web業界に就職・転職するには、必ず面接試験に合格する必要があります。採用する企業側も業務をしながら面接を行うため、時間を多く割くことが出来ませんので、書類選考を採用している企業も本当に増えてきています。それが、エントリーシートです。エントリーシートと面接で聞かれることはほぼほぼ同じです。違うのは直接応募者と話が出来るか否かです。面接官はエントリーシートと面接の場で応募者に対して、この人はどのような人なのか、ずっと一緒に働けて行ける人なのか、すぐに辞めないだろうかという判断をしています。面接を合格するには、面接官を口説き落とせばいいのです。口説き落とすにはどうすればいいかと言うと、質問された内容に対して、遠回りをせずにはっきりと元気よく答えればいいのです。もちろん、技術や資格を持っていて損をすることはありません。ただ、技術や資格があるからといって受かるとも限りません。大事なのは人なのです。採用する企業側はすぐに即戦力の人が必要という場合以外は、経験者・未経験者ともさほど差をつけてはいません。Web業界は他の業界と同じです。パソコンが苦手な人も多いです。Web業界で何を目的としているのかを明確に答えられれば、面接官も納得し、採用につながっていくと思います。

面接は素直に自分自身を出しきればよい

転職中の方、転職を考えている方、是非一度Web業界に目を向けては如何でしょうか。Web業界は、最近とても需要がある業界です。スマートフォンやタブレット、ブログ、フェイスブック、ツイッターなど、年代を問わず、また日本だけではなく海外でも人気が上がってきていますよね。これらの画面に映し出される情報や映像や処理技術を担っているのがWebです。Web業界はIT業界ですので、プログラム開発やシステムエンジニアといった職種がメインとなってきます。言葉だけを聞くと、経験者やよほど自信がある人でないと厳しそうに感じますが、実際はそうではありません。どちらかと言うと未経験者の方が多いです。実際にWeb業界の会社http://sugopon.jp/tokushou.phpの求人情報をインターネットのホームページで見てみると、本当に沢山の企業があります。あとは転職を考えている人の希望内容が合致するか否かだけです。さて、Web業界に転職しようと決心した際、まず必ず通らないといけないタスクがあります。それは面接です。Webに関する企業の面接は他業者の面接と何ら変わりません。今はインターネットから面接を受ける為には、事前にエントリーシートに必要事項を記入しなければいけません。このエントリーシートは、履歴書と職務経歴書が一体となったもので、面接官が面接を受ける前に、この人と会って話をしてみたいと思われるか思われないかの大事な情報となります。エントリーシート記入後、数日後に企業から面接日の連絡がきたら、一次試験合格と思っても問題ありません。次はいよいよ面接となります。この面接では、応募者がどのような人なのかを確認する大事なセクションとなります。一緒に働いてみたいと思わせれるかどうかがポイントとなってきます。では、どうすれば一緒に働いてみたいと思わせれるでしょうか。ポイントは1つです。自分自身が面接を受ける側ではなく面接をする側の立場になって考えればいいのです。そうすると、どの点をアピールすれば気に入ってもらえるのかがわかってきます。一般的は、元気な人が一番のアピール性があると言われています。元気よく挨拶をして、面接官の目を見て話をする、聞かれたことに対しては、きちんと分かりやすい内容で回答をするといった内容です。特段、小難しいことを言う必要もありませんし、無理な背伸びをする必要もありません。仮にしたとしても面接官にはバレています。大事なのは、素直に自分自身を出しきることだけです。


月別アーカイブ

フリースペース

サイトマップ